AndroidスマホにXposedを導入する方法

Xiaomi Mi5にXposedを導入する方法

Xiaomi Mi5 (LineageOS 15.1) に「Xposed」を導入します。

Xposedとは「apkを改変せずに、システムやアプリをカスタムし、管理するもの」です。

例として、アプリの広告を非表示にしたり、システム領域のカスタマイズ、使用してないアプリを休止して電池消費を抑えたりできます。

今回は「Xposed」の導入方法と「MinMinGuard」という広告をブロックするモジュールの入れ方を紹介します。

スマートフォン本体の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Xposedを導入する

導入環境は「Xiaomi Mi5」、「LineageOS 15.1 (Android8.1)」です。

Xposedの導入には端末の”root化”が必須です。

また、以下の2つをインストールする作業が必要になります。

  • Xposed Installer.apk
  • Xposedフレームワーク

「Xposed Installer.apk」はアプリなのでスマホにインストールするだけ。

「Xposedフレームワーク」はTWRPでインストールします。

Xposed Installer.apkをインストールする

Xposed Installer.apkのダウンロードリンク

下のURLから、最新の「Xposed Installer.apk」をダウンロードします。

今回は「XposedInstaller_3.1.5.apk」をダウンロードしました。

Xposed_Installer.apkのインストール画面

ダウンロードしたapkファイルをタップし、「Xposed Installer」をインストールします。

ホーム画面のアイコンから、「Xposed Installer」を起動させます。

Xposed Installerにフレームワークがインストールされていない状態

「Xposedフレームワークはインストールされていません。」と表示されるので、

次に「フレームワーク」のインストール作業に移ります。

フレームワークをインストールする

次のURLへ行き、「フレームワーク」をダウンロードします。

移動したページでは、以下のようにクリックしていきます。

Xposedフレームワークのダウンロードリンク

Xiaomi Mi5の場合は「sdk25」→ 「arm64」→「xposed-v90-sdk27-arm64-beta3.zip」とクリックします。

日付とバージョンを確認して最新版をダウンロードし、スマホ内に保存しておきます。

TWRPホーム画面のInstallボタン

次にスマホでTWRPを起動させ「Install」をタップ。

XposedフレームワークのZIPファイルを選択する

先ほどダウンロードした「フレームワーク」のZIPファイルを選択します。

XposedフレームワークをスワイプしてTWRPでインストールする

ファイルに間違いがないか確認したら、スワイプしてインストールします。

Xposedフレームワークのインストール成功、リブートする

インストールが完了すると「Successful」と表示されます。

「Reboot System」をタップすると、再起動してAndroidが立ち上がります。

Xposed Installerでフレームワークが有効になった

スマホのホーム画面に戻り、「Xposed Installer」を起動させます。

今度は「フレームワークが有効」になっています。

以上でXposedの導入は完了です。

MinMinGardを入れてみる

それでは、正常にXposedモジュールが使用できるか試してみます。

インストールするアプリは「MinMinGard」。

アプリの広告を枠ごと消してくれる優れものです。

MinMinGardをダウンロードする

Xposed Installerのメニューでダウンロードを選択する

「Xposed Installer」を起動。

左上の「≡」をタップするとメニューが開きます。

メニューから「ダウンロード」をタップ。

Xposed InstallerでMinminguardを検索する

検索ボックスに「Minminguard」と入力。

検索結果に「Minminguard」が表示されたら、それをタップします。

Xposed Installerで最新のMinminguardをダウンロードする

「バージョン」のタブで、最新版をダウンロードします。

MinMinGardをインストールする

MinMinGardのインストール画面

ダウンロードが終わると、自動でインストール画面になるので、「インストール」をタップします。

Xposed Installerのメニュー画面でモジュールを選択する

「Xposed Installer」のメニューから、今度は「モジュール」をタップします。

Xposed Installerのモジュール画面でMinMinGardにチェックを入れる

MinMinGardに「チェック」を入れ、有効にします。

変更は再起動後に反映されます。

広告をブロックする

MinMinGardのブラックリスト画面

再起動したら「MinMinGard」を起動します。

「BLACKLIST」をタップ。

広告をブロックしたいアプリを選びます。

MinMinGardで広告をブロックした比較

チェックを入れたアプリを起動すると広告が枠ごと消えています。

同じ広告ブロックアプリの「AdAway」では、広告は消えますが黒枠が残ったまま。

「MinMinGard」なら、アプリ画面を広く見やすくすることができます。

他にも様々なモジュールがあるので、Xposedを活用してスマホをカスタマイズしましょう!

タイトルとURLをコピーしました