AndroidスマホにXposedを導入する方法

スマートフォン

Xiaomi Mi5にXposedを導入する方法

Xiaomi Mi5 (LineageOS 15.1) に「Xposed」を導入します。

Xposedとは「apkを改変せずに、システムやアプリをカスタムし、管理するもの」です。

例として、アプリの広告を非表示にしたり、システム領域のカスタマイズ、使用してないアプリを休止して電池消費を抑えたりできます。

今回は「Xposed」の導入方法と「MinMinGuard」という広告をブロックするモジュールの入れ方を紹介します。

スマートフォン本体の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Xposedを導入する

導入環境は「Xiaomi Mi5」、「LineageOS 15.1 (Android8.1)」です。

Xposedの導入には端末の“root化”が必須です。

また、以下の2つをインストールする作業が必要になります。

  • Xposed Installer.apk
  • Xposedフレームワーク

「Xposed Installer.apk」はアプリなのでスマホにインストールするだけ。

「Xposedフレームワーク」はTWRPでインストールします。

Xposed Installer.apkをインストールする

Xposed Installer.apkのダウンロードリンク

下のURLから、最新の「Xposed Installer.apk」をダウンロードします。

今回は「XposedInstaller_3.1.5.apk」をダウンロードしました。

Xposed_Installer.apkのインストール画面

ダウンロードしたapkファイルをタップし、「Xposed Installer」をインストールします。

ホーム画面のアイコンから、「Xposed Installer」を起動させます。

Xposed Installerにフレームワークがインストールされていない状態

「Xposedフレームワークはインストールされていません。」と表示されるので、

次に「フレームワーク」のインストール作業に移ります。

フレームワークをインストールする

次のURLへ行き、「フレームワーク」をダウンロードします。

移動したページでは、以下のようにクリックしていきます。

Xposedフレームワークのダウンロードリンク

Xiaomi Mi5の場合は「sdk25」→ 「arm64」→「xposed-v90-sdk27-arm64-beta3.zip」とクリックします。

日付とバージョンを確認して最新版をダウンロードし、スマホ内に保存しておきます。

TWRPホーム画面のInstallボタン

次にスマホでTWRPを起動させ「Install」をタップ。

XposedフレームワークのZIPファイルを選択する

先ほどダウンロードした「フレームワーク」のZIPファイルを選択します。

XposedフレームワークをスワイプしてTWRPでインストールする

ファイルに間違いがないか確認したら、スワイプしてインストールします。

Xposedフレームワークのインストール成功、リブートする

インストールが完了すると「Successful」と表示されます。

「Reboot System」をタップすると、再起動してAndroidが立ち上がります。

Xposed Installerでフレームワークが有効になった

スマホのホーム画面に戻り、「Xposed Installer」を起動させます。

今度は「フレームワークが有効」になっています。

以上でXposedの導入は完了です。

MinMinGardを入れてみる

それでは、正常にXposedモジュールが使用できるか試してみます。

インストールするアプリは「MinMinGard」。

アプリの広告を枠ごと消してくれる優れものです。

MinMinGardをダウンロードする

Xposed Installerのメニューでダウンロードを選択する

「Xposed Installer」を起動。

左上の「≡」をタップするとメニューが開きます。

メニューから「ダウンロード」をタップ。

Xposed InstallerでMinminguardを検索する

検索ボックスに「Minminguard」と入力。

検索結果に「Minminguard」が表示されたら、それをタップします。

Xposed Installerで最新のMinminguardをダウンロードする

「バージョン」のタブで、最新版をダウンロードします。

MinMinGardをインストールする

MinMinGardのインストール画面

ダウンロードが終わると、自動でインストール画面になるので、「インストール」をタップします。

Xposed Installerのメニュー画面でモジュールを選択する

「Xposed Installer」のメニューから、今度は「モジュール」をタップします。

Xposed Installerのモジュール画面でMinMinGardにチェックを入れる

MinMinGardに「チェック」を入れ、有効にします。

変更は再起動後に反映されます。

広告をブロックする

MinMinGardのブラックリスト画面

再起動したら「MinMinGard」を起動します。

「BLACKLIST」をタップ。

広告をブロックしたいアプリを選びます。

MinMinGardで広告をブロックした比較

チェックを入れたアプリを起動すると広告が枠ごと消えています。

同じ広告ブロックアプリの「AdAway」では、広告は消えますが黒枠が残ったまま。

「MinMinGard」なら、アプリ画面を広く見やすくすることができます。

他にも様々なモジュールがあるので、Xposedを活用してスマホをカスタマイズしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
POCHIRI.net
タイトルとURLをコピーしました