FileZillaの使い方 ~インストールから基本操作まで【エックスサーバー編】

ブログ運営

FileZillaの使い方とインストール方法

FTPソフトとは、サーバーにファイルをアップロードしたり、サーバー上のデータを編集・削除するためのソフトです。

FTPソフトでよく使われているのは「FFFTP」と「FileZilla」の2つ。いずれもフリーウェアです。

今回は『 FileZilla(ファイルジラ)』のインストールから初期設定、基本的な使い方を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FileZillaをダウンロードする

FileZillaのクライアントをダウンロードする

上のリンクにアクセスして「FileZilla Client」をダウンロードします。

「FileZilla」は無料で提供されていて、日本語にも対応しています。

OSを選択する

リンク先を開くと、以下のような画面になります。

FileZillaのダウンロード、OSを選択する

使用しているパソコンのOSを選び、末尾が「.exe」のファイルをダウンロードします。Macの場合は「.bz2」です。

「64bit版」なら「FileZilla_xxx_win64-setup.exe」をダウンロードしてください。

FileZillaをインストールする

FileZillaのクライアントをインストールする

ダウンロードしたファイルを実行します。

FileZillaのインストール画面

インストーラーの指示に従ってセットアップを行います。

初期設定をする

インストールが完了したら「FileZilla」を起動して「初期設定」を行います。

サイトマネージャーを開く

FileZillaの起動画面

「ファイル」→「サイトマネージャー」をクリックします。

新しいサイトを追加する

FileZillaに新しいサイトを追加する

「サイトマネージャ」が表示されたら「新しいサイト」をクリックします。

左側の「自分のサイト」の下に「新規サイト」という項目がでるので、わかりやすい名前に変更します。ここでは「Xserver」とします。

次に右側の入力欄を埋めていきます。

FTP情報を入力する

FTPアカウント情報に基づき、「ホスト名」「ユーザー名」「パスワード」などの項目を入力します。

FTPアカウント情報の確認方法は、契約時のメールやコントロールパネルからご参照ください。

エックスサーバーの接続方法

エックスサーバーの場合は、以下のように入力します。

FileZillaにエックスサーバーの情報を入力する

エックスサーバーの入力例

①「FTP – ファイル転送プロトコル」を選択
② sv〇〇〇〇.xserver.jp(契約時のメールに記載)

③「明示的なFTP over TLSが必要」を選択
④「通常」を選択
⑤ 契約時に届いたメールで確認する

FTPアカウントの確認方法

エックスサーバーを契約したときに「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ 」という件名のメールが届いていたはずです。

エックスサーバーのサーバーアカウント設定完了のお知らせ

このメールに必要な情報がすべて記載されています。重要なものなのでメモを控えたり、印刷していたかと思います。

または、サーバーパネルからも確認することができます。

FTP情報確認手順(エックスサーバー)

画面の見かた

FileZillaの基本的な使い方

左側に「パソコン内のデータ」、右側に接続した「サーバー内のデータ」が表示されています。

FileZillaでのデータのやり取り

このウィンドウを使うことで双方向にデータの転送を行い、サーバーとパソコン間でファイルのやり取りが行えるというわけです。

FileZillaの使い方

エックスサーバーでホームページファイルをアップロードする場所は「public_html」というフォルダになります。

まずは「FileZilla」を使って「public_html」までアクセスしてみましょう!

「public_html」にアクセス

FileZillaで自分のサイトのドメインを選ぶ

サーバー側のウィンドウから「サイトのドメイン(例.example.com)」フォルダを探してダブルクリックします。

この中に「public_html」フォルダがあります。

FileZillaでpublic_htmlを選ぶ

さらに「public_html」フォルダをダブルクリックします。

FileZillaでサイトのデータを見る

これで「public_html」内のデータが表示されました。

ホームページで利用するファイルのやり取りは、この「public_html」フォルダ内で行うことになるので覚えておきましょう!

基本操作

ここでは「ダウンロード」と「アップロード」のやり方を紹介します。

まずは、サーバーから必要なファイルをダウンロードして「バックアップ」を取ってみます。

ファイルをダウンロードする

ここでは例として「.htaccess」のバックアップを取ってみます。

.htaccessをデスクトップにダウンロードする

パソコン側のウィンドウにて「保存する場所」を選択。ここでは「デスクトップ」選びます。

サーバー側の「public_html」内にある「.htaccess」を見つけて、マウスを「右クリック」→「ダウンロード」を選びます。

これでデスクトップに「.htaccess」のファイルが保存されます。

ファイルをアップロードする

今度は編集した「.htaccess」をアップロードして更新してみます。

FileZillaで.htaccessをアップロードする

サーバー側は「public_html」内の「.htaccess」があるウィンドを開いておきます。

パソコン側にある編集した「.htaccess」を「右クリック」→「アップロード」をクリックします。

「上書き」になるので「ターゲットファイルは既に存在しています」というウィンドウが開きます。

FileZilla ターゲットファイルは既に存在しています

  1. ソースが新しければ上書き
  2. 現在のキューにのみ適用する
  3. OKボタンを押す

「現在のキューのみ適用する」にチェックを入れると、「常にこのアクションを使用する」にも自動でチェックが入ります。

ドラッグ&ドロップでもOK

FileZilla ドラッグアンドドロップでもファイルが移動できる

ファイルを右クリックしなくても、マウスの「ドラッグ&ドロップ」を行うことで「ダウンロード」や「アップロード」を行うことができます。

クイック接続を設定する

次回の起動で素早くサーバーに接続するために「クイック接続設定」をしておきます。

FTP情報を入力

FileZillaクイック接続設定

ウィンドウ上部にあるバーに「ホスト名・ユーザー名・パスワード」を入力。エックスサーバーなら「ポート」は空欄でOK。

最後に「クイック接続」ボタンをクリックするとサーバーに接続します。

次回以降の接続方法

FileZillaクイック接続設定のやり方

次回からは「クイック接続」ボタンの横にある「▼マーク」をクリックしてください。

すると、履歴が表示されるので、あとは「ホスト名」をクリックするだけで簡単に接続することができます。

まとめ

初期設定の「FTP情報の入力」さえ行ってしまえば、2回目以降は簡単です。

パソコンとサーバー間のファイル転送は、ドラッグ&ドロップだけで行うことができます。

サイト運営をするにあたって、覚えておいて損はありません。

FTPソフト「FileZilla」を使用したことがない場合は、この機会に利用してみることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
POCHIRI.net
タイトルとURLをコピーしました