ドメインプロパティを追加する方法【エックスサーバー編】

ドメインプロパティを追加する方法 エックスサーバー編

Google Search Console(サーチコンソール)でドメインプロパティを追加する方法を紹介します。

ドメインプロパティを追加するには、利用するサーバーのDNSレコードを設定して、サイトの所有権を確認することが必須です。

本記事ではエックスサーバーでの設定方法を解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドメインプロパティとは

ドメインプロパティの仕組み

今までは、URLの異なる同一サイトを一括りにしたい場合、以下のように「http・https・wwwありなし」すべてのバリエーションを登録する必要がありました。

  • http://example.com
  • https://example.com
  • http://www.example.com
  • https://www.example.com

しかし、2019年に追加されたドメインプロパティでは、「example.com」というような1つのプロパティを追加するだけで、すべての検索パフォーマンスを確認することが可能になりました。

TXTレコードを取得する

ドメインプロパティを追加する上で一つ問題があるとすれば、DNSレコードによるサイト所有権の確認が必須なことでしょう。

初心者にとってはやや敷居が高い印象ですが、下で紹介する手順を踏めば簡単です。

まずは、Google Search Consoleにログインして、DNSレコードの追加に必要な「TXTレコード」を取得します。

サーチコンソールでドメインプロパティを設定する

サイドバーの左上にあるドメインをクリックします。

サーチコンソールでプロパティを追加をクリック

プロパティ一覧から「プロパティを追加」をクリック。

プロパティタイプの選択画面

「プロパティタイプの選択」という画面になるので、左側の「ドメイン」に追加したいドメインを入力します。

「https://example.com」の場合は、「example.com」のみ入力して「続行」をクリックします。

DNSレコードでのドメイン所有権の確認画面

表示されたTXTレコード「google-site-verification=~」をコピーします。

次にエックスサーバーの「DNSレコード設定」で、コピーしたTXTレコードを追加します。

エックスサーバーでDNSレコードを設定

私はサーバーがエックスサーバーで、ドメインはバリュードメインを使用しています。

「どちらでDNS設定をするのか?」はじめは迷いましたが、結論を言うとエックスサーバー側で設定していきます。

エックスサーバーのサーバーパネルからDNSレコード設定をクリック

エックスサーバーにログインして、サーバーパネルを開きます。

「ドメイン」のカテゴリにある「DNSレコード設定」をクリック。

DNSレコード設定のドメイン選択画面

「ドメイン選択画面」で今回追加するドメイン名を選択します。

エックスサーバーでDNSレコード設定、ドメインプロパティの設定

「DNSレコード設定」画面になるので以下の手順で入力してください。

  1. 「DNSレコード追加」タブを選択
  2. 種別:「TXT」を選択
  3. 内容:コピーしたTXTレコード「google-site-verification=~」を入力
  4. 確認画面へ進む

ホスト名は空欄でOK、優先度は0のまま。

エックスサーバーのDNSレコード一覧

「DNSレコード一覧」タブに移り、追加したDNSレコードが表示されているか確認しましょう。

最後にドメイン所有権の確認を行う

サーチコンソールのドメイン所有権確認

再び「ドメイン所有権の確認」画面に戻り、「確認」を押します。

サーチコンソール、所有権を確認できませんでした

設定が反映するまでタイムラグがあるので、すぐに確認するとエラーになります。

設定内容が間違っていない場合は、少し時間を置いてからアクセスしてください。

サーチコンソール、所有権を自動確認しました

私の場合は、30分後に再び確認したら通りました。

ドメインプロパティが追加されたのを確認

ドメインプロパティを追加することで、サイト運営が楽になることは間違いありません。この機会に是非、追加しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました