ハチを誘引して捕獲する!市販のハチ捕獲器を設置してみた

暮らし

フマキラー 超ハチ激取れを設置してみた

4月に入ってから庭で「アシナガバチ」を見かけるようになったので、市販の『ハチ捕獲器』を設置しました。

「女王バチ」は4月から飛び回り、巣を作れそうな場所を探し回るそうです。

巣を作る前に駆除するのが重要なようなので早速吊るするこにしました。

殺虫剤の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フマキラー ハチ超激取れ

ハチの巣づくりを防止するために、フマキラーの『ハチ超激取れ』という商品を購入。

フマキラー 超ハチ激取れのパッケージ

ホームセンター等で1,000円ほどで購入することができます。

ハチ捕獲器で取れたスズメバチと大きな蛾

庭木に吊るすだけで、簡単に「スズメバチ」等を捕獲することができます。

適用害虫
  • スズメバチ
  • ツマアカスズメ
  • アシナガバチ
  • ハエ
  • コガネムシ

ちなみに「ミツバチ」や「マルハナバチ」は誘引されないそうなので、野菜や果樹を育てている方も安心して使用することができます。

フマキラー 超ハチ激取れの付属品

付属品の一覧がこちら。

「ハチ超激取れ」カレンダー

フマキラー 超ハチ激取れ、設置時期

「女王バチ」は春先の「4~6月」に巣作りの場所を求めて飛び回ります。なので、この時期に設置すれば巣作りを防止することができます。

「働きバチ」が増えてくるのが「7~11月」、この時期に設置すると餌を求めて飛び回るハチと出会う危険を減らすことができます。

組み立て方法

フマキラー 超ハチ激取れの組立方法

パッケージに書いてある図を見れば、説明を読まなくても簡単に組み立てることができます。

誘引剤の効果

誘引剤はハチが好む樹液を再現していて、甘酸っぱくて発酵したお酒のような匂いがします。

フマキラー 超ハチ激取れの液体

効果は最大で30日ほど。誘引できる範囲は半径3メートル程度になります

4段トラップの仕組み

フマキラー 超ハチ激取れの仕組み

  1. 誘引剤にハチが引き寄せられる
  2. 透明な板に衝突
  3. 穴に落下
  4. 容器に入ったら溺れて出られない

設置場所

フマキラー 超ハチ激取れの設置場所

地面から1.5~3メートルの高さに設置します。

ハチがよく訪れる庭木や草花の近くに設置することで、誘引・捕獲される可能性が高くなります。

庭木の枝に吊るす

フマキラー 超ハチ激取れを木の枝に設置

付属の「針金」を使って庭木の枝に吊るしました。

長さに余裕があるので太めの枝にも巻くことができました。

フマキラー 超ハチ激取れを木陰に設置

地面から約1.5メートルくらいの場所に設置。

風が強い日もあったので心配でしたが、いまのところ本商品は問題なく耐えてくれてます。

設置から10日後

4月12日から22日の10日間設置したので、容器の中を覗いてみたいと思います。

フマキラー 超ハチ激取れを設置して10日後

お、結構取れてます!

しかも底に小さな虫が大量に沈んでる…

フマキラー 超ハチ激取れで取れた虫たち

「スズメバチ・蛾・ハエ」などが取れました。

捕獲したスズメバチ

スズメバチの嬢王蜂と働き蜂

一回り大きいのは「オオスズメバチ」かな?あとの2匹は「キイロスズメバチ」っぽいです。

この時期に飛んでいたので「女王バチ」なんですかね?

季節的にも4月~6月が効果的なようなので、良いタイミングで使えたと思います。

まとめ

狙っていた「アシナガバチ」はいませんでしたが、まだ春先なのに3匹の「スズメバチ」を捕獲することができました。

そして、理由はわかりませんが、その後、庭でハチの姿を見ることがなくなりました。

効果は確実にあるようなので、今後も捕獲器の設置を継続して、巣作りを防止していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
POCHIRI.net
タイトルとURLをコピーしました