SIMフリー版 AQUOS sense3でソフトバンク3G通話SIMが使えた!

AQUOS Sense3 SH-M12 SIMフリーモデル

AQUOS sense3 SH-M12を購入しました。国内メーカー初!待望の「DSDV+おサイフ」を搭載したスマートフォンになります。

今回は、以下のSIMカードの組み合わせで正常に動作するのかを試してみました。

  • ソフトバンクの3G通話SIM
  • MVNOの格安データSIM

結論から言うと問題なく動作したので、以下で詳しく紹介していきます。

スマートフォン本体の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AQUOS sense3 SH-M12とは

AQUOS Sense3 SH-M12 SIMフリーモデルを購入

AQUOS sense3は、様々なキャリアから発売されていますが、SIMフリーモデルは“SH-M12”という型番のものになるので購入の際は注意してください。

3G通話SIM+格安データ専用SIMで運用する!

AQUOS Sense3 SH-M12 SIMフリーモデルにソフトバンクの3G通話SIMを入れる

私がやりたいのは、3G通話SIMとMVNOの格安データSIMで運用することです。

  • 3G音声通話SIM:ソフトバンク
  • 4Gデータ専用SIM:DMMモバイル

ソフトバンクはガラケーのホワイトプラン、DMMモバイルは1GBのデータ専用プランです。

ソフトバンクのガラケー3G SIMをnanoサイズにカット

ソフトバンクの通話SIMは「mini SIM」なので、“SIMカッター”を使用して「nano SIM」サイズにカットします。

AQUOS Sense3 SH-M12 SIMカードの入れ方

通話SIMとデータSIMは、どちらのスロットに入れてもOK。試しに入れ替えてみましたが、どちらのスロットでも問題なく認識しました。また、2つのSIMカードを利用する場合、microSDカードは使用できません。

動作確認

AQUOS Sense3 SH-M12 DSDVの動作確認

2つとも自動で認識しました。だた、はじめデータSIMの方に「プロビジョニングされてないSIMです」と表示されましたが、再起動で表示されなくなりました。

ソフトバンクの通話SIMは、音声通話とSMSメッセージに設定。DMMモバイルのデータSIMは、ドコモの回線を使用しているので、NTT DOCOMOという表示になります。こちらはモバイルデータ通信に設定します。

SIMカートのバツマーク

ソフトバンクの通話SIMに×マークが付きます。これはモバイルデータ通信がOFFだと表示されるAndroidの仕様なので、気になりますが気にしなくていいです(笑)

AQUOS Sense3 SH-M12 SIMフリーモデルのDSDV発着信

発信・着信ともにOK。もちろんデータ通信もOK。

まとめ

AQUOS sense3 SH-M12 simフリーモデルで、以下のSIMカードが動作することを確認しました。

  • ソフトバンク 3G 通話SIM
  • DMM データ専用SIM(ドコモ回線)

ソフトバンクの3Gサービス終了時期はまだ告知されていませんが、ドコモは2026年3月末に3Gサービスを終了すると発表しているので、ソフトバンクも同じくらいと考えればよいでしょう。3Gサービス終了までは、ガッツリお得に使っていきたいですね!

タイトルとURLをコピーしました