インストール不要!adb/fastbootコマンドを簡単に導入する方法

スマートフォン

platform-toolsを使ったadbコマンドを導入する方法

「adb/fastbootコマンド」を使用できる状態にするまでの手順を紹介します

ややこしいインストールは必要なし!

「ファイルのダウンロード」と「環境変数の設定」だけでコマンドが使えるようになります。

USBケーブルの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Platform Toolsをダウンロードする

以下のリンクから『Android SDK Platform Tools』をダウンロードしてください。

今回は「Windows10」での設定方法を紹介していきます。

platform-toolsをダウンロードする

リンク先の「ダウンロード」にある「SDK Platform-Tools for Windows」を選択してください。

zipファイルを解凍する

platform-toolsのzipファイルを解凍する

ダウンロードした「zipファイル」を解凍します。

すると「platform-tools」というファイルが展開されます。

Cドライブ直下に置く

解答したplatform-toolsのフォルダをCドライブ直下に移動する

解凍した「platform-tools」をCドライブの直下に移動させてください。

移動場所はどこでも大丈夫ですが、ここではCドライブ直下で進めていきます。

環境変数を設定する

システムの詳細設定を開く

[Windows]+[Pause]キーを押すと一発で「システムの詳細情報」のウィンドウが開きます。

windows10 システムの詳細設定を開く

下にスクロールして「システムの詳細設定」をクリック。

環境変数をクリックする

システムのプロパティが開いたら環境変数をクリックする

「システムのプロパティ」が開いたら「環境変数」をクリックします。

Pathを選択して編集をクリックする

環境変数でPathを選択して編集をクリックする

「システム環境変数」にある「Path」を選択して「編集」をクリックします。

新規追加する

「環境変数名の編集」が開くので「新規」をクリックします。

環境変数への編集で新規を選んでplatform-toolsと入力する

画像の②に入れるアドレスは「platform-tools」フォルダのある場所を指定します。

今回はCドライブ直下に置いたので

C:platform-tools

と入力して「OK」をクリックします。

以上で「adbコマンド」の導入は完了です。

adbコマンドの確認をする

「コマンドプロンプト」または「PowerShell」を起動させてください。

コマンドプロンプトでadbと入力してエンターを押す

「adb」と入力してエンターを押します。

adbコマンドの導入成功

このようにずらーっとログが表示されたら成功です。

【重要】スマホとパソコンの繋ぎ方

実際にコマンドを使用するときは、スマホとパソコンを繋いだ状態で入力します。

しかし、ただスマホとパソコンをUSBケーブルで繋いだだけでは認識しません。

開発者向けオプションを有効にする

スマホにパソコンを認識させるには「USBデバック」をONにする必要があります。

そして、その「USBデバック」は「開発者向けオプション」にあるので、まずはこれを有効にしなくてはなりません。

スマホの「設定」→「端末情報」をタップします。

ビルド番号を7回タップして開発者向けオプションを有効にする

一番下にある「ビルド番号」という文字を「7回タップ」してください。

開発者向けオプションが有効になりました

「開発者向けオプションが有効になりました」と表示されたら成功です。

USBデバックをONにする

システムの開発者向けオプションをタップする

「設定」→「システム」→「開発者向けオプション」の順にタップします。

開発者向けオプションでUSBデバックをONにする

「USBデバック」という項目を「ON」にします。

スマホとパソコンを繋ぐ

スマホとパソコンをUSBケーブルで繋ぎます。

USBデバックを許可しますか?このパソコンのRSAキーのフィンガープリント

すると許可を求めるダイアログがでるので「常に許可する」にチェックを入れて「許可」をタップします。

Fastbootコマンドを打ってみる

それでは正常にコマンドが動作するか試してみましょう。

「PowerShell」か「コマンドプロンプト」を起動させてください。

Fastbootモードを起動させる

コマンドプロンプトでadb reboot bootloaderと入力する

まずは「Fastbootモード」を起動させてみます。

adb reboot bootloader

と入力してエンターを押します。

xiaomiスマホのfastbbot画面

スマホが再起動して「Fastbootモード」が起動したら成功です。

端末情報を表示させる

次に「Fastboot画面」の状態で

fastboot devices

と入力します。

すると端末番号(数桁の英数字)が表示されて、スマホを認識していることが確認できます。

端末を再起動させる

最後に

fastboot reboot

と入力すると、スマホが再起動してAndroidが立ち上がります。

以上でadb/fastbootコマンドの導入と確認は終了です。

おつかれさまでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
POCHIRI.net
タイトルとURLをコピーしました